03-3795-1225 (平日10:00~20:00 土曜9:30~15:00)

代表挨拶

三軒茶屋インターナショナルスクール
代表 和田麻里子

  

三軒茶屋インターナショナルスクール代表

和田麻里子 わだまりこ

慶応義塾大学文学部卒。大学時代の交換留学でスタンフォード大学へ、13年間勤めたサントリーの退職金を使ってUC.Bereleyに自費留学。グリーンカードを取得するが、超高齢出産で日本に帰国。満足できる英語スクールに出会えず、また働く親として放課後時間の大切さを痛感し、スクールを設立。

子供を持つ親であれば、誰もが子供の幸せを願うものです。母親として何をしてあげればよいのか?まずは自分の人生をたくましく切り開く力の一つとして、英語は必須であると確信していました。私自身が英語ができないことで活躍の幅を狭くしていまい、一方英語ができることで人生が大きく変化する経験をしました。

幼児から小学生、中学生という大事な12年間は、学校の勉強、友達との遊びや習い事など、日々忙しく、アッという間に時がたってしまいます。しかし、何でも吸収する大切な時期だからこそ、英語でコミュニケーションができるようになり、文化の異なる人と交わり、世界は大きく広いものだと気づくことは、今後の人生の大きな財産となると思います。

当スクールは2歳~中学生までの英語学童と英語塾です。語学を習得しやすいとされる幼少期の耳からの英語を行い、小学生までに中学生レベルを、中学生では無理なく大学受験レベルまでの英語を教えることで、大きな自信を育てる場になっています。今までの詰込み暗記式学校英語や受験英語とは違う、英語でイメージができる「英語脳」を育て、リスニングとスピーキングを大きな柱にした英語教育です。

スクールももうすぐ10年となり、今までで培ってきた子どもたちのやる気を保つ独自のメソッドとカリキュラムを実現しています。英検を力試しとして全員で受験し成功体験を積み重ね、アウトプットの場として海外の親子留学や単身留学の機会を提供しています。更には身に着けた高い英語力で、海外提携校に入学し、世界のトップ大学を目指すことも可能です。


私は、子どもたちの無限の可能性を信じています。将来何をしたいかと考えた時、誰もが選択肢は世界へと広がり、羽ばたいてくれると信じています。